雨のうたに耳を傾け、ここにあるかたちと出会う梅雨の一日

大正長屋に雨音が響いています。
ようやく梅雨らしい空模様の中、六月の二つの展示もいよいよクライマックスを迎えます。

So-Raの二階ではSmiLeさん、杉本さなえさん、Floatさんの「雨のうた」を開催しています。

女店主が身につけているのはSmiLeさんのピアスとブローチ。
今回の展示タイトルに合わせ生まれた作品たちはよりシンプルで洗練され、SmiLeさんの作家としての凄みすら感じさせてくれます。

杉本さなえさんの「あめふりとはなふり」というタイトルの作品。
雨の季節にぴったりな一枚は、梅雨を迎える度にこの絵と出会った嬉しい記憶を呼び起こしてくれそうです。

杉本さなえさんがパッケージイラストを手がけられたFloatさんのアイテムたちはプレゼントにもオススメです。写真はアロマの香りをギュッと閉じ込めたソープシリーズ。洗い上がりがしっとり心地よく、So-Ra店主も愛用しています◎

So-Raの一階ではエヴァーソン朋子さんの陶展「ここに ある かたち」を開催しています。

一つ一つかたちの異なる作品たちとの出会いは一期一会。
新作の「ぜんぶちがうカップ」(向かって左側)はイラストレーターでもあるエヴァーソン朋子さんならではの遊びごころがギュッとつめ込まれています。想像力を膨らませながら手に取ってみてくださいね。

人気の花器シリーズはだいぶ数も少なくなってきました。
写真の作品はSo-Ra店主のお気に入りの三点、気になる方はお早めに。。

☞二つの展示のクライマックスは24日(土)〜26日(月)の三日間です。

梅雨の季節はとっても快適な大正長屋で、素敵な作品たちと出会いにいらしてくださいね。展示作品のボリュームがすごいので二度目、三度目のご来店もお待ちしております!

 


関連記事