写真作家の想いに耳を傾ける夜「フォトトークセッション」を開催します


photography by pao

ペトリというかつて存在した日本のカメラメーカの一眼レフで作品を撮り続ける写真作家のpaoさん。街の喧騒の中にある光と陰を独自のやさしい視点で捉えた写真がとても印象的です。今年の一月に開催してくださった三人展では、在廊中、自身の言葉で作品のこと、写真を撮ることのすべてをお客さまに伝えられていました。

この三人展ではスライドを大正長屋の漆喰の壁に映して、お客さまと一緒に楽しむ時間も設けました。写真展のおまけ的な気持ちでおこなったスライドでしたが予想以上にご好評いただき、作家とお客さまが繋がるよいきっかけともなりました◎

写真展「Strings」はこの写真スライドの時間をメインに据えた、6人の写真作家による展示です。

12日(土)、13日(日)の両日、19時からプロジェクターを使った写真のスライドと、写真家のトークセッションを開催します。普段はなかなか言葉で語られることのない「写真」を、写真作家たち自身の言葉でお伝えします。

いつも写真を撮られている方はもちろん、これから本格的に写真を撮りたいと思われているビギナーの方も是非お気軽にご参加ください。長居のカフェ ボヌールキッチンさんのサンド二種とミニドリンクが付いて参加費1,500円です。(トークセッション中も通常の展示は21時までご覧いただけます。)

【申し込み方法】
■ 当サイトのお問い合わせ、もしくは各SNSからのDM
■ ご希望日、お名前、参加人数を明記下さい
■ 予約優先、先着8名さまとなります
■ フード準備の都合、キャンセルはご遠慮ください

サンドイッチを届けてくださるボヌールキッチンさんは、So-Ra店主のオススメ、長居公園前にあるちょっとアートな雰囲気も漂うカフェです。店主さんは写真家としても活動されており、お料理は有機野菜などを使ったボリューミーで拘りを感じさせてくれるものばかり。そんなボヌールキッチンさんのサンドイッチも是非お楽しみください。

 


関連記事