Blog

よみたい万葉集 対談 【前編】歌を身近に感じるために

5月22日(金)から「よみたい万葉集出版記念・歌をいろどる原画展」がはじまります。

1300年前に編纂された万葉集。
一般的にはなかなか取っ付きにくいイメージがありますよね。
そこで、著者の3人をSo-Raにお迎えして、万葉集の魅力をたっぷりと語ってもらいました。

左から、So-Raでも展示をして下さったことのあるイラストレーターの松岡文さん
「よみたい万葉集」のイラストを担当された絵本作家・イラストレーターのまつしたゆうりさん
大学で日本史や文化遺産学を学ばれている森花絵さんです。

 

01.「よみたい万葉集」のはじまり

「よみたい万葉集」は物知り鹿先生と、万葉集ビギナーの鳥子ちゃんの対談が軸になっています。
鹿先生は監修の村田先生、鳥子ちゃんは著者の3人のことです。

─── 先ずは「よみたい万葉集」の本が生まれたきっかけを

ゆうり:もともと3人とも古典には興味があって、古事記が好きな私と花ちゃんを、あやちゃんが繋げてくれたんです。

あや:出版社から、村田先生の著書で初心者向けの万葉集の本の企画あって。
でも、先生は万葉集を研究しつくしていて面白いよりも苦しいって(笑)

───村田先生は古典の世界の中に生きているような人ですね。

あや:毎日が研究の人生!!だから全然進まなくって。。
企画自体がなくなりそうやーって聞いて、いやや!じゃあ私が企画する!
万葉集、そんな詳しくないけど、ゆうりちゃんに相談して。
で、最終的にゆうりちゃんが企画書をつくってくれました。

───どんな企画書?

ゆうり:有名な人の歌ばかりじゃなく、作者未詳でも面白い歌をたくさん取り上げようと。
当時の四季の感覚や文化、花鳥の種類や様子も分かりやすく伝えたと思いました。
飽きないように、途中にコラムや新聞を挟むようにしたり。。

───鹿先生(村田先生)と鳥子ちゃんの対談形式になったのは?

あや:村田先生が楽しい人なので、編集者さんからの提案でした。
それで最初はもっと、関西っぽくボケとツッコミや!と言われて、、、
 
ゆうり:どんな劇作家やねん、みたいな(笑)
 
あや:あんまりボケ、ツッコミに寄り過ぎると内容が無くなるので。。
編集者さんもそれは納得してくれはって、これくらいのオチで良いよって(笑)

 

02.万葉集は恋の歌だけではない、たくさんのテーマがあります

万葉集と言えば一般的には”恋の歌”が有名だそうです。
でも20巻からなる万葉集にはたくさんのテーマの歌が盛り込まれています。
当時の人にとって「歌」とはどんなものだったのでしょう。

───(歌は)もともと何を目的に詠まれてたのでしょう?

ゆうり:一番最初は恋文、、ようするにナンパだと思います(笑)
ナンパの時に良い言葉を言えないと女の子がひっかかってこない。
女の子もいかにうまく返すか、それが歌の始まりだった。

はな:最初の万葉集の歌って、天皇が、かわいい女の子に名前を教えてくれよ~みたいなので。

───男女のコミュニケーションやったんですね(笑)
でもなんで歌で伝えたんでしょうね。

あや:普通に生活していたら、求婚ってあるじゃないですか。
それのやり方が、昔って言葉がきっと今ほどなかったかもしれないし、それで歌でのやりとりが、、

ゆうり:言葉よりも先に、歌があったんじゃないのか。という話もあるんですよ。

───もうミュージカルみたいですね。

あや:日常より、大げさに出来るじゃないですか。
恥ずかしくなく、お前愛してるぜ的な(笑)
歌にした方が言いやすい、ような。

ゆうり:歌い方で上手い下手もあっただろうから、歌も上手くないと振られちゃうかもね(笑)

───当時の人にとって、歌ってなんだったんでしょうね。

ゆうり:一番大事な事を伝えるのに使ってたんじゃないのかな、、

あや:メールと近いような、でもちょっと違うな、、、

はな:Twitterみたいじゃないですか。
限られた文字数の中で、どれだけ自分の生活やイベントがあったり、
気持ちの大きな揺れがあったときに、ぼそっと上手い事まとめて、で発信して。
それが上手かったら、みんながどんどん いいね!して広まっていったり、みたいな。

───あの歌いいね!みたいな感じですね(笑)
公にする歌ばかりやったんかな?それとも日記的みたいにだれでも、、

あや:そういう歌もあります。後期になるとふえたかな。
自分自身のためだけに詠まれた、、日記みたいな。

ゆうり:ポエム書いちゃうみたいな。

───歌人はポエマーやね(笑)

ゆうり:そう。ポエマーたちのつぶやきを読む覚悟で。(笑)

 

03.当時の人の感覚を知ること

当時の人との感覚や表現の違いが、歌との距離を遠ざけているようです。
例えば「死」の表現や、「夢」の捉え方について。

あや:万葉集では「死」という言葉を使わないんですよね。
だから歌だけ読んだら「恋の歌」みたいに思ってしまう。

ゆうり:例えば「山に行く」が死を意味するんですけど、言われてもピンと来ないし、、

───当時の人の感覚なんでしょうね、1300年の隔たりをかんじます。

ゆうり:おまじないとか夢も、習慣とか風習がちがいすぎてると分からない。
気持ちだけで読んだ歌とか、旅人の歌とかはわかりやすいですけどね。

あや:わからないね~、、でも全然違うのも面白かったりします。
夢で会いに来てくれたら、自分の事想ってくれてるんだ、みたいなの(笑)

はな:現代は、自分が想っているから夢に出るって考えですよね。
昔の人は、「自分の事を想ってくれてるから、今朝君を見たんだよ」って。

ゆうり:すごい勘違いしてる(笑)
どこをどうしたらそう思えたのか、、すごいポジティブ!

───結構幸せだったんですね、、だけどトラブルも多そうです!

ゆうり:だから、なんで会いに来てくれないの!って怒られるの。
夢に出てこないから、想ってないんでしょ!って難癖つけられるわけですよね。

───妄想力のレベルが高すぎる、、、

あや:考える時間いっぱいあるから、、

ゆうり:だからギリシャ人とか空をみてあれだけ星座を考えられるんだよ。

あやはな:あーーそっかー(笑)

ゆうり:だって、絶対見えないもん(笑)

>>つづきます。
※対談の臨場感をお伝えする為、出来るだけ内容を修正せず記載しています。
本来の万葉集の内容と異なる点がありますが、3人の著者の個性を感じてもらえたらと思ってます。
尚、 So-Raの対談記事はすべて、So-Ra店主の責任編集でございます!
 


 

よみたい万葉集の著者二人が、貴方の似顔絵を素敵に描きます*

よみたい万葉集」の著者、まつしたゆうりさんと、松岡文さんによる似顔絵ペイントのお知らせです。
歌をいろどる原画展」の会期中に二人が貴方の似顔絵を素敵に描きます!!
料金はお一人2,000円で、もちろん、ご家族やカップルでもOKです。
作家さんとのおしゃべりも楽しみな似顔絵ペイント、是非、お気軽にご参加ください。
※詳細はこのブログのおわりにまとめています。


◤ まつしたゆうり「横顔似顔絵」 2,000円

「よみたい万葉集」のイラストを担当したまつしたゆうりさんは「横顔似顔絵」。
貴方の好きな色に文様を添えて、ゆうりさんらしい繊細なタッチで描きます。
写真は女店主の横顔似顔絵、色はボルドーでお願いしました。
横を向いて座るのであまり緊張せず(笑)、さらさらと走る鉛筆の音が心地よかったです◎


◤ 松岡文「擬人化似顔絵」 2,000円

擬人化した動物イラストでSo-Raでもお馴染みの松岡文さん。
写真は一昨年前のSo-Raでの展示「冬の音ノ葉」の中の作品です。
「よみたい万葉集」では文章の担当でしたが、文さんの「擬人化似顔絵」も会期中に開催します。
お好みの動物に寄せた擬人化似顔絵は、文さんならではの世界観。
印象的な似顔絵になるので、SNSのアイコンにされる方も多いみたいですよ。

❖ 似顔絵ペイント ❖
まつしたゆうりさんと松岡文さんがあなたの似顔絵を描くイベントです。
✑ まつしたゆうり「横顔似顔絵」
5.30(Sat)14:00〜18:00  イメージ色と文様を添えた横顔似顔絵です。
✑ 松岡文「擬人化似顔絵」
5.31(Sun)14:00〜18:00  お好みの動物に寄せた擬人化似顔絵です。
※各2,000円 予約優先。上記日程以外でも作家在廊中はお受けできます。
作家在廊日はこちらでご確認ください。
ご予約はお問い合わせより、メールでお願いします。

 


 

この夏のお出かけリュックの本命、Caramelのspeedstarが入荷しました


◤ Caramel・speedstar / 20,000円+税

Caramelの新作リュック”speedstar”が4色揃って入荷しました!
デザイナーの中村さんが得意とする、柔らかなラインと立体的なフォルム。
アウトドアブランドとは一線を画す、シンプルで、スタイリッシュなリュックに仕上がっています。

このリュックが完成するまで、何度も試作品を見せていただきました。
毎回、絶妙(微妙)に変わっていくフォルム、、、(笑)
「中村さん、もうこれで完成でええやん!」
「いや、もう少し、もう少し!」
そうやって本当に長い時間をかけて生まれた”speedstar”
新しいリュックのスタンダードを模索した、デザイナーの意欲作です。

Caramel(キャラメル)のバッグの特徴は三つ。
・様々なライフスタイルになじむシンプルなデザイン
・3重構造、丈夫で強撥水、オリジナルの帆布生地
・手にしたときの驚きの軽さ

詳細は以前のブログに分かりやすくまとめてあります。
Caramel 帆布バッグ、3つの特徴

センターの防水ジッパーと上部のホックを外せばリュック全体が大きく広がり、見た目以上にたくさんの荷物が入ります。
防水ジッパー+強撥水の帆布生地で、雨の多い夏のお出かけにも心強い仕様。

休日のカジュアルスタイルでのお出かけはもちろん、自転車に乗っての通勤スタイルなど、オン・オフを問わず幅広いシーンで活躍してくれそうです◎

speedstarはオンラインショップでもご購入いただけます。
 


2015-05-15 | Posted in 作品の紹介 |Tag: , , , Comments Closed