Blog

イラストレーターの夏フェス05「絶品ベーグルサンド、19日はfouet°さんがやって来ます!!」

「イラストレーターの夏フェス」いよいよ最終週(18〜20日)へ。
19日(日)は福島の白いカフェ fouet°(フエ)さんへがSo-Raへやって来ます!!

fouet°さんの穴なしベーグルのサンドは絶品です◎
自家製アイスを添えたケーキとドリンクのお得なセットは限定15食、ご予約優先となります。

■チーズベーグルのキーマカレーサンド ¥600
■イチジクのタルト 自家製アイス添え ¥650
■ドリンク ¥550
・ジャスミンローズソーダ
・自家製フルーツシロップジュース
・ハートランド

➤サンド、ケーキ、ドリンクのお得なセット ¥1,600

☞ご予約はお問い合わせより「お名前、人数」をご連絡ください

fouet°の店主さんはmaicooという作家名でイラストレーターの夏フェス にも参加下さってます。 「生きていく」という強いテーマで選ばれた3曲のイラスト作品に、maicooさんの熱い思いが溢れています!

 


2018-08-15 | Posted in お知らせ |Tag: , , , Comments Closed 

 

イラストレーターの夏フェス04「参加作家の掘り出しフリーマーケットはお宝がいっぱい」

明日11日(土)より「イラストレーターの夏フェス」二週目(11〜13日)がはじまります。

☞イラスト作家の在廊予定は以下の通りです。
11日(土) 夏雲さん、椎名渉さん
12日(日) はなさん
13日(月) 椎名渉さん

会期中、参加作家の掘り出しフリーマーケットも開催しています。
過去作品や私物の”ちょっといいモノ”を届けてくださいました。

加えて、常連のお客さまも参加くださり雑貨やお洋服もたっぷりです。So-Ra店主もこっそりいいモノを破格のお値段で出品しておきました。中には未使用のアイテムも結構あります。お宝がたっぷり眠ってますのでじっくりと掘り起こしてください!!

こちらの大テーブルで注目はエヴァーソン朋子さんの陶作品と、真鍮作家okazariさんのアクセサリー作品。

okazariさんのアクセサリー作品は、シンプルなデザインの耳飾り(ピアス&イヤリング)や動物モチーフの作品など、なんと200〜1000円と思わずまとめ買いしたくなる嬉しいお値段です!!

こちらはイラスト作家さんの旧作品コーナー。松岡文さんの立体作品、まつした ゆうりさんのポストカードセット、はなさんのポストカード&シール、イマナミ ナナミさんのミニ額&絵本など、、、フリマならではお買い得価格です。

お洋服は使用感の少ないものから未使用品まで、作家もののアイテムも隠れています。

アンティークな食器の中には、懐かしいあのキャラも、、、、フリマは好評につき二週目に合わせて商品を追加しています。

 


2018-08-10 | Posted in お知らせ |Tag: , Comments Closed 

 

イラストレーターの夏フェス03「タイムテーブル、参加イラスト作家の紹介」

4日(土)より「イラストレーターの夏フェス」がはじまりました。作品から溢れる作家さんたちの音楽への熱がグルーヴになって、大正長屋の空間をやさしく包んでいます。

9名の作家がそれぞれ悩みに悩み選んだ三曲(本当は三曲に絞れる訳ない!って叫びも聞こえてきますが。笑)、計27枚のイラスト作品が大正長屋の三つのステージに列びます。タイムテーブル順に、各作家の一曲をピックアップして、作家自身の言葉を添えて紹介します。
 

旧踊り場ステージ

かつて大正長屋の階段の踊り場だった場所、今は二つのギャラリー部屋を繋ぐ廊下になっています。夏フェスのオープニングを飾るこの場所には、大阪芸大の先輩後輩でもあるエヴァーソン朋子さん、まつしたゆうりさんの作品が列びます。


◤ まつした ゆうり「スピッツ・流れ星」 / 35,000円

「スピッツの曲を一番聴いていたのがちょうど思春期だったため、一曲一曲が自分の成長の記憶と、カチッとパズルのピースのようにはまりこんでいます。ピンとこなかった曲が、ある日ふいに心に落ちる経験は今でもあると思いますが、学生時代はその間隔が短く、衝撃も大きく、その不思議な気持ちのシールがペタペタ貼りついたままの、遠い昔に埋めた宝箱の中身のように思う曲です。」


◤ エヴァーソン朋子「ビートルズ・Free as a Bird」 / 原画 17,000円:プリント 2,400円

「wikipediaを読んで泣いたのは初めてです。」
 

大正モダンな漆喰の壁ステージ

大正モダンな漆喰の飾り天井が今もそのまま残る壁面棚には、昨年の展示で共演した”冬のカルテット”のメンバー、松岡文さん、はなさん、夏雲さん、イマナミ ナナミさんの作品が列びます。


◤ はな「スピッツ・けもの道」 / 8,000円

「 この曲は、『三日月ロック』というスピッツのアルバムの最後に収録されています。スピッツは、どの歌の中でも具体的なことははっきりとは言わない印象だったのですが、この曲では全力で頑張れ~と言ってくれます。やってることの意味は自分で作るんやで~とも言ってくれます。ロックな曲調に乗せて、背中をそっと優しく押してくれる一曲です。」


◤ イマナミ ナナミ「星野源・family song」 / 9,000円

「 高校生の頃に初めて星野源さんの曲を聴いて、それ以来ずっと大好きなアーティストさんの一人です。年末の紅白でこの曲を聴いて、ぼたぼた泣いてました。歌詞もメロディーもやさしくて、自分が大事だと思う人がこれから物理的に心理的に距離が離れて暮らすこと過ごすことになっても幸せに過ごしてくれると良いな、と思うこの頃です。

(以下、星野源さんのインタビューから抜粋致しました。)

これからは両親が同性の家族も増えてくるだろうし、そういう多様化のなかでちゃんとそれを受け止める器の大きい「これからの歌」をまたつくりたいと。」


◤ 松岡文「奥田民生・CUSTOM」 / 11,000円

「 故郷広島出身のアーティストといえば民生さん。ちょっとひねった歌詞の多い民生さんには珍しいストレートな歌詞のこの曲。

「伝えたい事は言葉にしたくはないんだ そしたらどうしたらいいのさ そこで目を閉じて 黙って 閃いて 気持ち込めて 適当なタイトルで ギターを弾いてみました」

畑も立場も全然違うけれど、とても共感します。時々聴いてなんだか泣けてしまう曲です。余談ですが、民生さんのお母さんも歌がお好きでよく石の上に立って歌っておられたそうで、この絵も石の上で歌うスタイルにしてみました。」


◤ 夏雲「Mr.Children・simple」 / 4,500円

「この曲の歌詞は、自分の絵に対する気持ちと結構重なります。遠回りもするし、見えなくなるときも度々ありますが、シンプルな気持ち忘れずに、長く絵と向き合っていきたいなと思います。そんなことを考えながら外を歩いていると、草や木がとても愛おしく見えたので、こんな絵になりました。」
 

逆光窓辺ステージ

昼間は逆光でちょっと眩しいですが、窓の向こうにはあべのハルカスを望むことができます。ガラスも建具も大正時代の建築当時そのままに残る、So-Ra店主もお気に入りの出窓にはSatomiさん、シュパーゲルキッサのスズ代さん、fouet°のmaicooさんの作品が列びます。


◤ Satomi「Linkin Park・Numb」 / 7,000円

「朝顔は「愛情」という裏に「あなたに私は絡みつく」という花言葉を持っています。Numbは自分をコントロールしようとする親から抜け出そうとする子供の歌です。

親の存在を首に絡み付いた朝顔に、そこから抜け出そうとする子供の気持ちをハサミに込めました。暗い歌詞ですが、彼の繊細で力強い歌声がどこか勇気をくれる曲です。」


◤ スズ代「NIRVANA・Smells like teen sprit」 (B-DASH カバー) / 6,500円

「これでもかとポップかつ爽やかにアレンジされたsmells like teen spirit。あまりの疾走感に心囚われ一日中この曲だけを聴く日もありました。適当に行こうぜと聞こえてきます。」 


◤ maicoo「Lana Del Rey・ Lust For Life」 / 10,000円

「若くして死んで伝説になることが美徳ではなく、もっと生への欲求を美しいメロディと素敵な歌詞で訴えかける。すべて脱ぎ捨てて、楽しく生きて生きましょう。

デビッドボウイがイギーポップと作った「lust for life」
lust=欲求(ドイツ語)
生きることへの欲求

に影響を受けた曲だそうです。」