「作り手の顔が見える」作品との出会い、夏のダブル展示も残すところあと二日

今日はヤズドさんのお財布がよく旅立ちました。
写真は昨年の個展で男店主がオーダーした「小財布さん兄弟」、イタリア製のブルーの革がお気に入りです。

ヤズドさんに直接相談しながら、ジッパー部分や内張の生地の色を選ばせていただき、小銭入れの内側にはネームも入れてもらいました。刺繍のモチーフは魔除けの意味が込められた「目」を選びました。

ヤズドさんのお財布はサイズも豊富でライフスタイルに合わせてお選びいただけます。細かなカスタマイズはもちろん、購入後もしっかりメンテナンスや修理をしていただけるのも嬉しい。今回の個展でも、ご購入いただいた作品のメンテナンスをお受けする場面が幾度もありました。

夏のダブル展示も残すところあと二日。
明日も19時迄にご来店いただければ、ゆっくりと作品をご覧いただけます。
ヤズドさん、okazariさんと一緒にご来店をお待ちしております。

「作り手の顔が見える」作品との出会いは、そのすべてがとても大切な時間になりますよ。

 


2017-07-29 | Posted in 作品の紹介 |Tag: , , , , Comments Closed 

関連記事