「作品を届ける」を一緒に考える時間

◤「作品を届ける」を一緒に考える時間 at ギャラリーSo-Ra

9月前半のSo-Raは作家さんとたくさんお話できればと思っています。

So-Raでの展示や企画展に参加を希望される方は、作品やポートフォリオを持って遊びにいらしてください。
これまでの経験や作品のジャンルは問いません。

☞日程は9/1㈯、2㈰、8㈯、9㈰ 13〜19時です。

ご予約は不要ですが、来店時間をご連絡いただけるとお待たせずにお話できるかと思います。

「一緒にお仕事をしたいと思える人」
それだけがSo-Raの展示作家を選ぶ判断基準です。

直感みたいなものだから、会ってじっくり対話することを大切にしています。
作品のジャンルや、これまでの経歴はあまり気にしてません。

「大切なことほどうまく言葉にできない」と考えているので、
作家さんと対話するときは出来るだけたくさん時間をとるようにしています。

静かな、長い沈黙も好きです。
ちいさな、震えるような声の中に本当のことがあると思っています。
So-Ra店主も大切なことを言葉にするときは声が震えます。

So-Raでは「作品を届けること(=販売すること)」を運営の軸にしています。
いい展示だったね、と心から思うのは、やっぱりたくさんの人に作品が届いたときです。
作品を生み出すことと、展示をすることは、すこし違う思考が必要だと思っています。
展示は、作家のパーソナルな部屋に、大切なお客さまを招くような時間。
だから出来るだけ時間をかけて準備をしなければと思っています。

来てくださるお客さまへの敬意を感じられる場と時間、それがSo-Raの考える展示です。

もちろん、いろんな在り方や考え方があってよいのです◎
So-Ra店主は肯定する力を信じています。

So-Raの今の考えはこんな感じです。
皆さんの声を是非、お聞かせてください。

So-Ra店主

 


2018-08-29 | Posted in 展示作家&モデルの募集 |Tag: , Comments Closed 

関連記事